ウェブサービス用一般利用規約

Ivoclar 株式会社
〒113-0033 東京都文京区本郷1-28-24
IS弓町ビル

1. 対象範囲
この一般利用規約は、IVOCLAR VIVADENT AGおよびその関連会社が提供するウェブサービスに適用されます。IVOCLAR VIVADENT AGが提供するウェブサービスは、ユーザーによる登録と、場合によっては機器の登録が必要です。これらの利用者には、以下の利用規約が適用されます。また、特定のサービスについては、追加の条件があり、登録する前にユーザーに明示的に通知される場合があります。

2. 利用規約の対象
この利用規約の主題は、ユーザーの登録であり、必要に応じて、マシンデータを送信するデバイスの登録です。

このアクセスは、特定のサービスを受ける権利を与えるものではなく、提供されるサービスに登録する機会のみが与えられます。さらに、IVOCLAR VIVADENT AGは、サービスのさらなる発展を意味するか、技術的(例:サービスの可用性を高めるため)または法的に必要な範囲内で、ユーザーが登録したサービスを合理的な範囲で変更する権利を有します。さらに、IVOCLAR VIVADENT AGは、理由を示すことなく自由に本サービスを変更、一時停止、または終了することができます。

以下のウェブサービスは、利用規約の対象となります(2021年4月現在)。

指定

ドメイン/登録

ウェブショップ

https://www.ivoclar.com

オーダーマネージャー

https://ordermanager.ivoclar.com

機器登録

https://mydevice.ivoclar.com

Ivoclar Cloud

https://connect.ivoclar.com

カスタマーアカデミー

https://www.ivoclar.com/academy

 

3. ユーザーの登録、取り消し
各サービスへの登録は、上記2.の表に記載された各サービスのドメイン上で行われ、ユーザーにより行われます。

ユーザーは、登録の際に真実の情報のみを提供し、その情報を最新の状態に保つことを約束するものとします。本利用規約の範囲内での法的な宣言は、メールでも送信されることがありますので、ご利用の際はご注意ください。 

登録の確認は、IVOCLAR VIVADENT AGから利用者に提供されたメールアドレスに対して行われます。ユーザーは、確認メールを受け取った後、理由を説明することなく、本登録を取り消すことができます。期限内に、次のメールアドレス(dataprotection.tokyo@ivoclar.com)宛に失効を送信すれば十分です。


4. デバイス登録
デバイス
登録は、プラットフォーム (https://mydevice.ivoclar.com)上で行われ、ユーザーによって行われます。

4.1. デバイス登録時にどのようなデータが送信されますか?

  • 本体のシリアル番号

  • デバイス

  • デバイスのIPアドレス

本機の高いシステム稼働率を確保するためには、デバイスの技術的状態を監視する必要があります。技術的な状態を評価するために、運転中のユニットの機械データを送信します。

  • 本機で使用されているプログラムのバージョン番号

  • 本機のエラーメッセージ

  • 現在使用中のツール

  • 実行された加工回数

  • 個々の軸の実際の座標と目標座標からのそれぞれの偏差

  • 電圧、電流、圧力、温度、クロック周波数、速度、稼働率、充填量など、現在のセンサー値

  • 個々のサブコンポーネントの状態

  • 焼成プログラム、加工戦略に関する情報

4.2. マシンデータはどのような目的で使用されるのですか?

  • デバイス動作の確認と保証

  • デバイス動作の最適化

  • 潜在的なエラー源の特定

  • サービスのため、データを必要とし、使用する

  • 法的義務(例:保証)および

  • 契約上の義務(例:保証契約)

購入、保証、またはサービス契約範囲内に、関係者のニーズを満たすことができます。さらに、ユーザーに機器の現状を迅速に伝えることで、デバイスの破損を早期に認識し、対策が間に合えば破損を回避することができます。

当社は、お客様の利益のために、当社の機器をさらに開発し、常に改善するために、データを必要とし、使用します。

4.3. ユーザーの義務

  • ユーザーは、自身のデバイスのみを登録し、マスターデータを最新の状態に保つことを約束します。

  • また、ユーザーは、登録の際に提供した個人情報、特に姓名、住所、生年月日およびメールアドレスが真実かつ正確であることを保証するものとします。特に、ユーザーは、第三者のデータを提供することはできません。

  • 利用者は、パスワードおよびアカウントを第三者に開示せず、また第三者によるアクセスから保護するものとします。

5. ライアビリティー
IVOCLAR VIVADENT AGは、故意および重過失、ならびに本質的な契約上の義務(cardinal obligation)の違反に対してのみ責任を負います。重大な義務の軽微な過失による違反の場合、IVOCLAR VIVADENT AGの責任は、契約締結時に予見可能で、契約に典型的に見られる損害に限定されるものとします。IVOCLAR VIVADENT AGは、基本的な義務ではない二次的な義務の軽微な過失による違反については責任を負わないものとします。当初不可能であった場合、IVOCLAR VIVADENT AGは、履行への支障が知られていた場合、または知らなかったことが重過失による場合のみ、これが重要な義務である場合を除き、責任を負うものとします。

上記の免責事項は、瑕疵の不正隠蔽があった場合、品質保証を前提とした場合、製造物責任法に基づく賠償責任、人身事故(生命、身体、健康)については適用されないものとします。このことは、ユーザーの不利益になるような立証責任の変更を意味するものではありません。

IVOCLAR VIVADENT AGの責任が除外または制限される限り、これはIVOCLAR VIVADENT AGの従業員、代表者、代理人の個人的責任にも適用されるものとします。

不法行為に基づく請求を除き、本条に基づき責任が制限されるユーザーの損害賠償請求は、制限期間の法定開始日から起算して1年後に時効となるものとします。

6. データ保護
IVOCLAR VIVADENT AGは、一般データ保護規則GDPR(DSGVO)の規定に従ってユーザーデータを処理し、保存します。データ保護宣言は、個人データの収集、処理および使用について包括的にお知らせするものです。プライバシーポリシーは こちら (https://www.ivoclar.com/ja_jp/legal/privacy-policy)からご覧いただけます。

7. 著作権
ウェブサービスに含まれるすべてのコンテンツ(テキスト、画像、情報、ファイル、ウェブページなど)は、著作権法およびその他の知的財産権保護法の適用を受けます。書面による明示的な許可なく、これらを公表、使用、複製、転用、変更することを禁じます。

IVOCLAR VIVADENT AGの著作権に属さないウェブサービスのコンテンツについては、それぞれの著作権者の権利が適用されます。

8. ウェビナー/ウェブキャスト/ポッドキャストに関する注意事項
IVOCLAR VIVADENT AGのウェビナー/ウェブキャスト/ポッドキャスト(以下「メディアコンテンツ」)は、コンテンツおよびすべてのロゴ、テキスト、画像、ビデオ、その他含まれ、表示され、使用される作品を含め、著作権および知的財産を保護するその他の法律の適用を受けます。メディアコンテンツ(コンテンツや著作物を含む)は、個人的かつ非商業的な目的でのみダウンロードすることができます。IVOCLAR VIVADENT AGの事前かつ明白な同意がない限り、これを超える使用は禁止されており、特に、資料を一般に公開することは明示的に禁止されます。メディアコンテンツはプロフェッショナルのみを対象とします。講演者は自分の意見や経験をメディアの内容に反映させます。メディアの内容は、IVOCLAR VIVADENT AGのアドバイスを意味するものではありません。IVOCLAR VIVADENT AGは、講演者の発言、特にその正確性と完全性について責任を負うものではありません。

9. 最終規定
本利用規約が無効な条項を含み、または不完全である場合、契約の残りの部分の有効性は影響を受けないものとします。

本利用規約は、国際物品売買契約に関する国連条約の適用を排除し、リヒテンシュタインの法律にのみ準拠するものとします。本契約に起因または関連するすべての紛争の専属管轄は、IVOCLAR VIVADENT AGの登録事務所とします。

別段の合意がない限り、ユーザーは、すべての申告をメールで行うことができます。ユーザーに対する宣言は、ユーザーが現在の連絡先として提供したアドレスにメールで送信することができます。

***

スタンド:2021年4月、Ver.1.0