CAD/CAM チェアサイド

IPS e.max® 修復のための最新技術

デジタル初心者から熟練者まで、この統合されたワークフローは、正確で審美性の高い修復物を簡単に作成するソリューションとなります。

1. 材料選択

審美性の高い二ケイ酸リチウムガラスセラミックス
IPS e.max キャド
は、曲げ強度の高い修復物を効率的に製造する、世界でも人気のあるガラスセラミックスです。
• 幅広い色調と、透明度
• 実績のある、臨床寿命5年、1億5000万回の修復[3]、96%の生存率[5]
• 優れた審美性と高強度
この製品の詳細

2. 焼成:優れた速度。ユニークなデザイン。

シンタリングおよび クリスタライゼーション用ファーネス
プログラマット CS6
は、IP e.max キャド修復物のステイン/グレーズおよびクリスタライゼーションのために開発されたファーネスです。
• IPS e.max キャドのクリスタライゼーションをわずか11分で行います。
• 簡単な操作性
• 均一な熱で焼成するので、安定した焼成結果と審美性を得る事ができる。
この製品の詳細

3. 接着:操作性に優れた高いレベルでの審美修復をサポートするセメント。

簡易的な審美修復
バリオリンク エステティック
セラミックスおよびコンポジット修復に使用できる光重合型(LC)およびデュアルキュア型(DC)セメント。
• バランスとれたシェードシステムは、自然な蛍光性および長期色調安定性に優れています。
• 余剰セメント除去が簡単で適度な流動性と安定性を兼ね備えた、操作性が高いペーストです。
• アドヒース ユニバーサルおよびモノボンド エッチ&プライムで良好な接着。
この製品の詳細

4. 安心サポート

サービスおよびサポート
院内ラボまたは歯科技工所にてCAD/CAM導入は大きな投資です。お客様にご安心してご導入いただけるよういつでもご相談ください。
•お客様のニーズにあったシステムをご提案いたします。
• お客様およびスタッフに合わせたトレーニング:オンライン、現場または弊社トレーニングセンターで行うことができます。

ご提供している製品・サービスは国によって異なります。

[1] Based on user feedback.

[2] J. Abduo, M. Elseyoufi, Accuracy of Intraoral Scanners: A Systematic Review of Influencing Factors, The European journal of prosthodontics and restorative dentistry 2018, 26(3), 101–121.

[3] Based on sales figures.

[4] Ivoclar R&D, IPS e.max Scientific Report Mean biaxial flexural strength, measured over 10 years, Ivoclar

[5] Ivoclar, Scientific Report IPS e.max Vol. 03, Ivoclar, 2001–2017

[6] D. J. Fasbinder, G. Neiva, D. Heys, R. Heys, Clinical evaluation of glass ceramic material for chairside CAD/CAM crowns: 10-year report, Study report, University of Michigan, 2017

[7] J. Boldt, F. Spitznagel, Lithium disilicate: Indications and scientific evidence, Deutsche Zahnärztliche Zeitschrift (DZZ) 2017, 72, 319–325.

[8] Ivoclar, Scientific Report IPS e.max Vol. 03, Ivoclar, 2001–2017

[9] U. Lendenmann, Test Report, Ivoclar-Vivadent, 2019

[10] A. Liebermann et al, Study Report, Clinical Oral Investigations, 2019

[11] C. E. Besimo, J. S. Guindy, D. Lewetag, J. Meyer, Prevention of bacterial leakage into and from prefabricated screw-retained crowns on implants in vitro. The International journal of oral & maxillofacial implants 1999, 14(5), 654–660.

[12] C. Wallman, D. Birkhed, Effect of chlorhexidine varnish and gel on mutans streptococci in margins of restorations in adults, Caries research 2002, 36(5), 360–365.

[13] J. Schoppe, U. Lendenmann, Hemmhoftests mit Cervitec Plus auf verschiedenen Dentalmaterialien. Internal Investigation Report, Ivoclar-Vivadent AG, 2019.

[14] Q. Zhang, W.H. van Palenstein-Helderman, M.A. van't Hof M A, G.J. Truin, Chlorhexidine varnish for preventing dental caries in children, adolescents and young adults: a systematic review. European Journal of Oral Sciences 2006, 114(6), 449-455.

[15] N. Ersin, E. Eden, N. Eronat, F. Totu, M. Ates, Effectiveness of 2-year application of school-based chlorhexidine varnish, sodium fluoride gel, and dental health education programs in high-risk adolescents. Quintessence International 2008, 39, 45-51.

[16] K. Sköld-Larsson, M.K. Borgstrom, S. Twetman, Effect of an antibacterial varnish on lactic acid production in plaque adjacent to fixed orthodontic appliances. Clinical Oral Investigations 2001, 5, 118-121.

[17] L. G. Petersson, Y. Maki, S. Twetman, S. Edwardsson, Mutans streptococci in saliva and interdental spaces after topical applications of an antibacterial varnish in schoolchildren. Oral microbiology and immunology 1991, 6(5), 284–287.

[18] P. Baca, M.J. Muñoz, M. Bravo, P. Junco, A.P. Baca, Effectiveness of chlorhexidine-thymol varnish for caries reduction in permanent first molars of 6-7-year-old children: 24-month clinical trial, Community Dentistry and Oral Epidemiology 2002, 30(5), 363-368.